QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
eiichi
オーナーへメッセージ

2006年02月04日

バラにアブラ虫が。





剪定した温室のばらを見回っていたら、アブラ虫が
付いているバラの樹があった。
写真ではちょっと見づらいけれど、良く見ると
結構たくさん付いている。
寒い〃といっている内に、温室の中は春になってきた。
アブラムシを観察して見ましょう。
よく見ると、新しく伸び始めた芽の先にビッシリ
付いています。色はミドリ色。羽の生えたものまで
いて、ちょっとびっくり。まだまだ発生しないと
思っていたが、大きな間違いでした。
アブラ虫は、暖かくなると最初に目にする虫です。
特に新芽が伸び始めると、そのところに重なり合う
ようにビッシリと付きます。早めに見つければ
いいのですが、ほとんどの場合、たくさんついてから
発見と言うことになります。
虫自体は強いものではないので、市販の殺虫剤で
退治できます(ただしラベルをよく読んで、アブラ虫
に効果がある、と書いてあるもの)。ただアブラ虫
の場合困るのは、ひどくなると消毒をしてもすぐに
また付く事です。完璧には退治出来ないまでも、
春に虫の密度を低くしておくべきです。
極力消毒はしたくないと思いますが、最初から
無農薬でと決め付けると、あまり上手くいきません。
ひどくなってしまったら、有効に農薬を使うべきです。
農薬の回数をへらしながら、何年かかけて無農薬
栽培にもっていくべきだと思います。
どうしても最初から無農薬を、と考えているのなら、
2,3年は思うような花が咲かなくてもしょうがない、と
いうぐらいの覚悟で取り組む必要があるでしょう。
ニームなどの農薬以外の資材は、ひどくなる前に
散布をするべきだし、定期的に散布する方が、効果が
あがります。
いづれにしても、バラの樹を丈夫に育てると言う事が
一番大事です。丈夫な樹は病害虫にも強く、環境の
変化にも強いから。

ザ・ローズショップ本店  


Posted by eiichi at 19:19Comments(0)