QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
eiichi
オーナーへメッセージ

2006年02月05日

メアリーローズというイングリッシュローズ。





メアリー・ローズというイングリッシュローズについて。
このバラは、イングリッシュローズの中でも広く一般に
育てられている有名なバラのひとつです。
樹高1m50cm位になるシュラブタイプの四季咲きの
育てやすいバラです。
剪定の仕方で、枝は扇形のきれいな放物線を描きます。
いわゆるアーチ型になるバラです。
剪定の方法は、
強く切り戻しても花つきはいいが、ある程度株が出来上
っているのなら、先端から4分の1位を扇の形のように
切り戻してみることをお薦めします。枝が沢山あるよう
でしたら、3、4年以上の古い枝は、株元から切り落とし
ます。
このタイプのバラは、
ヘリテージ
コテージ・ローズ
ジ・インジニアス・ミスター・フェアチャイルド
ローズ・マリー
などです。
ザ・ローズショップ本店  


Posted by eiichi at 19:15Comments(0)

2006年02月04日

バラにアブラ虫が。





剪定した温室のばらを見回っていたら、アブラ虫が
付いているバラの樹があった。
写真ではちょっと見づらいけれど、良く見ると
結構たくさん付いている。
寒い〃といっている内に、温室の中は春になってきた。
アブラムシを観察して見ましょう。
よく見ると、新しく伸び始めた芽の先にビッシリ
付いています。色はミドリ色。羽の生えたものまで
いて、ちょっとびっくり。まだまだ発生しないと
思っていたが、大きな間違いでした。
アブラ虫は、暖かくなると最初に目にする虫です。
特に新芽が伸び始めると、そのところに重なり合う
ようにビッシリと付きます。早めに見つければ
いいのですが、ほとんどの場合、たくさんついてから
発見と言うことになります。
虫自体は強いものではないので、市販の殺虫剤で
退治できます(ただしラベルをよく読んで、アブラ虫
に効果がある、と書いてあるもの)。ただアブラ虫
の場合困るのは、ひどくなると消毒をしてもすぐに
また付く事です。完璧には退治出来ないまでも、
春に虫の密度を低くしておくべきです。
極力消毒はしたくないと思いますが、最初から
無農薬でと決め付けると、あまり上手くいきません。
ひどくなってしまったら、有効に農薬を使うべきです。
農薬の回数をへらしながら、何年かかけて無農薬
栽培にもっていくべきだと思います。
どうしても最初から無農薬を、と考えているのなら、
2,3年は思うような花が咲かなくてもしょうがない、と
いうぐらいの覚悟で取り組む必要があるでしょう。
ニームなどの農薬以外の資材は、ひどくなる前に
散布をするべきだし、定期的に散布する方が、効果が
あがります。
いづれにしても、バラの樹を丈夫に育てると言う事が
一番大事です。丈夫な樹は病害虫にも強く、環境の
変化にも強いから。

ザ・ローズショップ本店  


Posted by eiichi at 19:19Comments(0)

2006年02月03日

簡単な露地植えのバラの土作り。






露地植えのばらの土について考えてみようと
思います。
土作りについては、いろいろ情報があり何が
いいのか迷っている事でしょう。理想を言うなら
自分の庭の土を土壌分析して(土壌分析も、当て
にならない事も多いが)、バラに適した土を作る
という事でしょう。しかし、そんな事実際に出来る
でしょうか?。甚だ疑問です。
良質な土とは、
 ・水はけが良い
 ・通気性が良い  
 ・保水性が良い
 ・保肥力がある
物理的にはこんなところですか。
土の構造はいいのですが、上記の点プラス
 ばらの生育に十分な養分を持った土、と言う所が
本当に理想的な土でしょう。
しかし、現実にそんな土を作ることが、簡単に
出来るのでしょうか?
実際問題として、自分の土を眺めてみても調べて
見ても、分からないというのが本当です。
そこで、
簡単に良い土を作るにはどうするか、という事です。
 ・とにかく良質の有機物を沢山いれる。
 ・リンサン分の肥料だけは混ぜ込む。
ほとんどの土なら以上の2点をしていただければ、
問題なく良いばらの土ができあがります。
良質の有機物とは、
 一般的には堆肥のことですが、堆肥と言っても
色々な種類があり、ここでも迷ってしまいます。
バラ作りのお薦めは何といっても、バーク堆肥
と言う堆肥です。前にもこの堆肥については触れ
ましたが、
 樹木のくずと牛糞を混ぜて完熟させた堆肥。
バーク堆肥のほかには、ピートモスとか炭をまぜれば、
十分でしょう。
肥料は、リンサン分のとれる骨粉が一番ですが、
最近手に入り難いので、ヨウリンとかでいいでしょう。
何故リンサン分だけは土に混ぜるかといえば、
後から土の上に撒いても、ばらの根が吸収できない
からです。リンサンはとても大事な成分なので、
必ず土に混ぜるべきです。他の成分は追肥でまかなえる。
バーク堆肥を沢山入れて、そこにピートモスと炭を少し
加え、燐酸分をいれて混ぜるだけ。
こんな簡単な土作りで、露地植えのバラの土は、ほとんど
大丈夫です。
次は、管理についてです。

ザ・ローズショップ本店  


Posted by eiichi at 20:16Comments(0)

2006年02月01日

バラ作りの基本とは、セント・オルバン、イングリッシュローズ。




バラ作りの基本とは何でしょうか。出来るだけ簡単に
説明しようと思います。
どんな種類のばらにも、共通してやらなければいけない
事があります。此処では主に地植えのバラについて
説明します。
 ・場所選び
 ・土作り
 ・管理一般
    ・肥料やり
    ・水くれ
    ・病害虫の防除
    ・剪定
基本的に以上の事をきちんと行えば、誰でもすばらしい
バラの花を咲かせる事ができます。
今回は場所選びについて、
  日当たりの良い風通しの良い所が基本。
  一日4時間以上陽が差せば問題ありません。夕日より
  朝日が当たる場所のほうが理想ですが、そんなに
  こだわる必要はないでしょう。
次回は簡単な土作りについて。

ところで、今日はセント・オルバンというイングリッシュローズ
を紹介します。
このイングリッシュローズは、ツルバラのようにも管理できる
タイプのばらです。2003年作出の比較的新しいバラです。
早速、デビット・オースチンのこのばらに対するメッセージを
見てみましょう。
 段階を問わずバラの花の美しさを楽しめる。開花時にはたくさん
 の花びらが詰まった、愛らしい丸い球状の蕾をつける。少しずつ
 花びらを広げていき、最終的に花びらの多い魅力的な浅いカップ
 型になる。花の色は濃い黄色から徐々に淡い黄色へと移行する。
 フォーマルな花というのではなく、花弁のあんばいはきわめて 
 愛らしいものである。アーチ型シュラブ、花つきの均整が良い
 豊かな枝など、好ましい姿に生育する。葉の茂りは豊かで耐病性
 に優れている。
 フレッシュで好ましい香りは形容し難いものだが、花屋に足を
 踏み入れた時のあの香りを想像してもらえれば良いだろう。
と、こんな感じです。
イングリッシュローズを上手く育てるコツは、基本を守りそのバラの
特性を理解すること、それにつきるようです。
ザ・ローズショップ本店  


Posted by eiichi at 18:57Comments(0)