QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
eiichi
オーナーへメッセージ

2006年01月28日

スプレーウィット、ラバグルド、鉢植えか地植か。






バラを育てる時に鉢植えにするのか、地植えに
するのか、迷っている人も多いかと思います。
庭がなかったり、あっても植える場所がない、と
いう人は鉢で育てるより選択肢はありませんが、
幸運にも選択が出来る人は、基本的に地植えの
方が、管理は楽だしバラの樹の成長も早い。
ただ地植えも鉢も、それぞれに一長一短があり
また、バラの種類によっても変わってきます。
スプレーウィットについては、
 このバラはミニバラですが、ミニバラの割には
 わりと大きくなる種類です。樹の高さは、仕立て方
 によって変わりますが、50cm位にはなります。
 私は、このバラは鉢で育てる事を、お薦めします。
 6号位の鉢に入れて育てて見て下さい。
ラバグルドについて、
 このバラは、いわゆるフロリバンダと呼ばれる
 中輪系の品種です。地植えでも勿論いいですが、
 8号ぐらいの大きな鉢で育ててみても面白い
 バラです。高さは仕立て方次第で1m位には
 なるでしょうか。
イングリッシュローズについて、
 イングリッシュローズは、地植えにして伸び伸び
 と育てる事をお薦めします。ただタイプによっては
 鉢向きの品種もあります。前回のブログで書いた
 フロリバンダ系の性質を持ち、ブッッシュタイプの
 イングリッシュローズ(G・キャッスル、スキャボロ
 フェアーなど)は、大きな鉢で育てると見ごたえ
 もあるし、楽しいでしょう。
鉢で育てる時の注意は、
 ・水は土が乾いてからタップリと。
 ・強い肥料(チッソ、リンサン、カリなどの成分が
  高い)は使わない。
 ・液肥を小まめに使う。
 ・冬の鉢の入れ替えの時以外は、土を崩さないように
  して鉢の移し替えをする。

全般的にバラは、
 水はけがよく、風通しの良い、日当たりの良い場所を好みます。
 後は、土作りとちょっとした管理です。
管理は、
 病害虫をつけない事。
 肥料を適時にやる事。
 剪定をする事。
こんな事ぐらいか。

ザ・ローズショップ本店


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。