QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
eiichi
オーナーへメッセージ

2006年02月08日

日本初、ミッドナイト・ブルーと言うツリーローズ。







ばらの一番花は、ほとんどの人が上手く咲かす事が
出来るはずです。問題は二番花以降の花の状態です。
一般的に二番花位までは、綺麗な立派な花を見ることが
できるでしょう。しかしそれ以降は、ある程度の管理を
行っていないと、秋になっても良いバラは咲きません。
春はあんなに素晴らしいバラの花が咲いたのに、秋は
やっぱりダメなのね、と思うはずです。
四季咲きのバラは、少なくても春と秋一年に3、4回は
楽しみたいものです。
ではどうすれば、
 ・虫や病気を退治する(完璧な必要はないが)。
 ・花が咲き終わったあとの管理。
これらの結果として、葉っぱをたくさん付けておく事。
特にばらの樹勢が良くないときは、一番花が咲いた後に
葉っぱを多く残すほど回復します。
また一番花の開花はあまりずれないで咲いてくるので、
だいたい咲き終わった頃に、揃えて一斉に花を切ると
丈夫な株になるし、シュートの出もよくなります。
枝を切る時に、五枚葉を二段残して切る、と言うように
よく言いますが、一番花の枝を切る時は、枝の真ん中
位を、他の枝の高さを見ながら揃えて切ると、葉っぱも
十分残るし、揃った良い芽が出ます。
以上は、ツリーローズも含めた四季咲きのバラにおいて
です。

ところで写真は、ミッドナイト・ブルーというバラです。
とても強いスパイシーな香りを持つ濃い紫色のばら。
芽の出方もかなり良さそうで、沢山の花が見れそうです。
ツリーローズ(スタンダード)としてのこのバラは、
日本ではあまり見かけないと思います。
とくにツリーローズの場合、一番花を見たら揃えて
一斉に枝を切ることが大事です。

ザ・ローズショップ本店


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。