QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
eiichi
オーナーへメッセージ

2006年02月22日

終わっていますか?この時期のバラの手入れ。









この時期までにやり終えていなければならない
バラの手入れを、確認しましょう。
最初は露地植えのばらについて。
 剪定は済んでいますか?
  もしやり終えていなければ至急やってください。
  まだ大丈夫です。
 肥料はあげましたか?
  有機質の入ったバランスの良い肥料を置き肥
  します。たくさんあげる必要はないので、一株
  に一握りぐらいで十分でしょう。
 病害虫対策は済みましたか?
  私達は、最近あまり硫黄合剤を使いませんが、
  使える条件下でしたら、芽吹く前に一度(多少
  芽が動いていても)散布しておくと一年間の
  病害虫防除が、少し軽減されます。
  注意。
   黄色い色が付く(バラだけでなく液のかかった
   所は全て)。
   葉っぱが展開してからだと薬害になる。
   匂いがきつい。
  アブラ虫などが付き始めたら、早めに退治する。
この程度のことが済んでいれば、十分でしょう。
鉢で育てている場合も、基本は同じです。
詳しくはまた、という事で。

ところで、写真は最初に剪定を終えた温室のバラです。
パバロッテイという薄いピンクの大輪のバラですが、
このくらいに芽が伸びてくると、硫黄合剤を散布すると
薬害になるでしょう。因みにこの温室の温度は、十度
設定です。

ザ・ローズショップ本店


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。