QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
eiichi
オーナーへメッセージ

2006年03月15日

バラの育て方、その2。







3、水やり
 バラは水が大好きですが、水のやり過ぎは根腐れの原因となり、ひどい場合には枯れてしまいます。水やりの基本は、土が乾いてきたらたっぷりやる、という事です。定期的に水やりをするのではなく、天候、温度、時季、バラの生育状態などで、水やりの回数は変わってきます。ただし、植え付け直後や鉢の入れ替え直後は、水をたっぷりやり根が活着するまでは、乾かさないようにします。

・露地植えの場合
  根付いているバラは、夏のひどく乾燥した時以外は、基本的に水やりの必要はありません(雨が極端に少ない時や地域は別)。
・鉢植えの場合
  鉢の土が白く乾いてきたら、鉢の下から水が出てくる位たっぷりとやりましょう。鉢の大きさにもよりますが、暑く乾燥している時期やバラの生長が著しい時は、一日何度でも水をやらなければならないし、雨が続く時期や寒い時期、バラの生長が止まっている時はやらなくてもいいかもしれません。大事な事は、日頃から土の状態をチェックして、土が乾くという事がどういうことか自分で把握できるようにすることです。

ザ・ローズショップ本店


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。