QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
eiichi
オーナーへメッセージ

2006年03月16日

バラの育て方、その3





4、肥料やり
 栄養分は、バラの生長にとって必要不可欠のものです。その栄養分を補給するためには
 肥料が必要です。チッソ、リンサン、カリ、と言った三大成分が、バラの生長には欠か
せません。肥料でそれらの成分を補う事はいうまでもありませんが、肥料のやり過ぎが
最近多いような気がします。肥料をたくさん与えれば、早く大きくなって立派なバラの
 花が咲く、と錯覚している人も多いと思います。しかし実際は、肥料のやり過ぎで、多
 く問題が発生しています。特に成分の高い化学肥料を多用すると、土を傷め病気を蔓延
 させ、しいては地球環境も破壊するという悪循環につながります。出来るだけ上質の有
 機肥料をつかいましょう。

・露地植えの場合
  12月から2月にかけて元肥として、三大成分がバランスよく配合されている有機入り
  肥料を撒きます。リンサン分は多少高めのほうがいいかもしれません。肥料の成分は
  肥料の袋に数字が書かれているので、参考にしましょう。元肥はしっかり、追肥は葉
  の色や樹勢を観察しながら、少なめにやることです。

・鉢植えの場合
  肥料は、直接土に混ぜるより置き肥にした方が、安心です。肥料のやり過ぎは、根を
  傷め枯れる原因にもなります。
  鉢植え栽培で上手く育てるコツは、液肥を使うことです。液肥のすぐれた点は、吸収
  が早く、土も傷めないことです。ただ肥料成分は長続きしないので、定期的にやらなければなりません。


ザ・ローズショップ本店


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。