QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
eiichi
オーナーへメッセージ

2005年12月14日

大いに反省、これからも耳に痛い事を教えてください。






今年の6月頃からのセール品のバラ苗について、お叱りの
メールが寄せられているので、お詫びかたがた反省をしています。
偉そうに土の講釈は良いが、送られてきたバラの鉢は良くないじゃないか、
という苦情です。
確かに、大特価、セール品ということで詳しい説明もしないまま在庫(売れ残り)
になっていたバラ苗を配送してしまった、という事です。
バラについて多少なりとも知識がある人は、植え替えをしたり、地植えをしたり
して、綺麗なバラの花を咲かせた事だと思います。
いづれにしても、価格が安いという事と時期的にしょうがない、という間違った
私の判断で、ご迷惑をおかけしました。
これからはもっと細かく情報をだし、どうして安いのか、とか、どこがどういうセール
なのか、とかを皆様に分かるようにします。すいませんでした。

ところで、 
今更と思はないで、私的にあのセール品のバラ苗の事を考えてみました。
何が一番よくなかったのか?
  あの安売りのばらの苗についての説明が不十分だった、という事。
  もし、
    今回のバラ苗は、在庫処分につき写真のように(写真を添付)苗としては
    不十分なところもあります。買ってから植え替えや地植えが出来、管理出来る
    方のみの割安価格のバラ苗です。もちろん手入れ次第ですばらしいバラの花を
    楽しむことが出来ます。
  と、表示して売るべき商品であったはずです。反省。
また、初めての人にも値ごろ感を持って買ってもらうのであれば、詳しい説明を
書くか、手入れ方を同梱すべきはずの商品でした。反省。

反省きりしていてもしょうがないので、苗の生産者、販売者としての本音も書きましょう。
とにかく5月のバラとガーデニングショウ(西武ドーム、今は確か違う名?)までは、
本値で売って、それ以降、残ったバラ苗は秋の大苗が始まるまでに手を掛けずに売って
しまいたい、と言うのが正直なところです。ですから安売りのバラ苗には問題もありますが、
思わぬ掘り出し物があり、バラ作りに自信のある人はこの時期のバラを割安に手に入れ、
楽しむ人もいます。バラ苗は、当たり前ですが、生き物なので枯れてさえいなければ
時間と適切な管理をすれば、見違えるようなバラになります。

情報不足で申し訳ありませんでした。

ところで今日の写真はツルバラのティディベアーです。
茶色のミニバラとして、あまりにも有名なばらです。
こんなツルバラ一本いかがですか。


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。