QRコード
QRCODE

店長情報 トップページ
店長情報

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
プロフィール
eiichi
オーナーへメッセージ

2006年01月23日

ツリ-ロ-ズ鉢入れ、イングリッシュロ-ズ、留守にしてました。








久しぶりのブログになってしまいました。
私用で、4日程沖縄に行ってきました。
今まで行こう〃と思っていながら、なかなか
時間が取れませんでしたが、やっと行く事が
出来ました。真冬の信州から行く南国沖縄は、
さすがに暖かい。
マイナス10度からプラス20度では、体にいいわけないけど
過ごし易い、実感。
この時期だったら、此処でバラを栽培すべきかも
(もちろん沖縄にもバラの生産者はいます)。
帰ってきたらまた雪、
まだまだ春は遠そうな信州です。

ところで、
写真は、ツリ-ロ-ズ(スタンダ-ドロ-ズ)の裸苗
です。
日本では、手間や品種の問題でなかなか手にはいらない
ので、輸入のばらの苗です。
写真のように、根の張りや枝の分かれ方がすばらしく
楽しみな苗です。
このままお届けするのは、根付きや管理の問題もあるので
8号(直径24cm)の大鉢に植えて、少し管理をしてから
出荷する予定です。楽しみに待っていてください。
もちろん土は、バ-ク堆肥、ピ-トモス、炭、などを
理想的に混ぜたものです。
鉢植えのバラは、慌てて植え替える必要はないので、
暖かくなって一番花を楽しんだ後でも、心配いりません。
また、芽が動き始めてから寒さに当たり、その芽がダメ
なようでも副芽などが出てきたり、新しい芽が出たり
して、心配はいりません。
もちろん葉っぱなど、あってもなくても関係ありません。

剪定したばら(イングリッシュロ-ズ、ツルバラ、オ-ルド
ロ-ズ、四季咲きのバラ)は、寒さで、せっかく伸びたと
思った芽が変だ、と思ってもそのままにしておくべきです。
心配しなくても、気候が暖かくなり安定してくれば
すばらしいバラの花を見ることができます。

前回イングリッシュローズのすばらしさに少し
触れたので、
もう少しカテゴリ-別に、考えられる事全てを
書こうと思っています。

ザ・ローズショップ本店


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。